header

【保存版】ディーゼルエンジンでガス欠した時の対処法

インジェクター

【保存版】ディーゼルエンジンでガス欠した時の対処法

うっかりしてE線になってしまい、ガス欠を起こしてしまって、走行不可能に…。エンジンがかからない…。

まず、慌てないでください!!

ディーゼル車の場合、ガソリン車とは違い症状が変わってきます。

慌てず、安全な場所に退避後に、1つずつ確認していきましょう。

◆ガス欠で大ダメージを広げない

安易に考えてしまい、また軽油を入れたら走ると思った方は大間違いです。
エアー抜き作業を行わなければいけません。

その後、点検に1度出される事をオススメ致します。

1:ディーゼル車は、インジェクターの先端を傷めてしまう

2:燃料ポンプのモーター故障が高い

3:そのままだと、様々なアフターパーツを傷めてしまう

ガス欠後に、「調子が悪くなり、多額の修理費を請求された」など、様々なご相談を頂きました。
ダメージを増やさないように以下の事に気をつけましょう。

路肩に停止後セルモーターを絶対回さない

セルモーターを回し、走らないかとエンジンを空回しされてしまう方もいらっしゃいますが絶対に回してはいけません。ガス欠時には、燃料パイプラインからも軽油がなくなるため、給油してスターターモーターを回してもセルモーターとエンジンを傷めてしまうだけで、エンジンはかかりません。

 

燃料噴射するインジェクターにも少なからず影響を及ぼします。

絶対セルモーターは無意味に回さないようにしましょう。

◆エアー抜きを実施する

エアー抜きとは、ガス欠時に空気が燃料系統に回り、入ってしまった空気を取り除く作業のことです。
車種やエンジンタイプによっては、手順が異なる場合がありますので、注意が必要です。

ロードサービスでエアー抜きを行ってくれるサービスもあります。

プライミングポンプを煽る

少し、専門的なお話にはなりますが、

プライミングポンプの近くにあるブリーダープラグを緩めて、ポンプをひたすら煽れば。ブリーダープラグから燃料が出てきて、エアが抜けきれば大丈夫エアー抜き作業が可能です。
クランキングするとエンジンがかかるようになります。

容量は簡単です。少しの専門的な知識がアレば誰でも出来ます。

分からない場合は、整備工場などに問い合わせしましょう。

★日野★

●燃料が切れた時

燃料切れでエンストしたときや、ふゅえーるフィルターエレメントなどを交換したときは、燃料系統に空気が混入し、燃料を補給しただけではエンジンを始動できません。次の手順でエア抜きを行なってください。

■エア抜きのしかた
1.フィードポンプのプライミングポンプが自動的にはね上がるまで左に回します。

2.フューエルフィルターのエア抜きプラグをゆるめた後、プライミングポンプを上下に動かし燃料を送ります。

3.ドレーンホースから気泡の混じってない燃料が出てきたら、エア抜きプラグを締め付けます。

4.再度プライミングポンプを上下に20回以上動かした後、下に押し付け、ピストンがスムーズにねじ込めることを確認しながら右にいっぱい締め付けます。

アドバイス:プライミングポンプのピストンを格納する際、無理にねじ込むとかみ込みを起こすことがありますので注意してください。

5.エア抜き完了後、漏れた燃料を拭き取り、エンジンをかけて燃料漏れがないことを確認します。

注意:コモンレールシステム採用のエンジンは、プライミングポンプによりエア抜きを行なった後でも、燃料系統の空気が抜けきれず、エンジンがかかりにくい場合があります。1度でエンジンがかからないときは、スターターを「ACC」の位置に戻し、バッテリーの機能回復のため30秒ほど待ってからかけなおしてください。なお、スターターは15秒以上連続して回さないでください。スターターが故障したり、バッテリーあがりを起こす原因になります。

日野自動車:引用

★三菱ふそう★

エンジン始動後
1. アクセルペダルは踏まずにスターターを回し、エンジンを始動させます。
2. 始動後、アイドリング回転を5秒間保持します。
3. アイドリングコントロールノブをゆっくり右に、いっぱいまで回し、3分間保持します。
4. アクセルペダルをいっぱいに踏み込み、最高回転まで吹き上げます。(この操作を数回繰り返してください)
5. アイドリングコントロールノブを左に回し、アイドリング回転に戻します。

1度でエンジンがかからないときは、スターターを「ACC」の位置に戻し、バッテリーの機能回復のため30秒ほど待ってからかけなおしてください。なお、スターターは15秒以上連続して回さないでください。スターターが故障したり、バッテリーあがりを起こす原因になります。

三菱ふそう:引用

★いすゞ自動車★

燃料系統のエアー抜き
燃料フィルター(フューエルフィルター)を交換したり、燃料切れを起こした場合には、燃料系統にエアーが入ってしまうため、始動不良やエンジン不調になるおそれがあります。これを防ぐために、燃料系統のエアー抜き作業を必ず行ってください。

4JG2/4HK1ターボ型エンジン

1.プラグ部の下に燃料受け皿を準備し、プラグを十分にゆるめます。4JG2/4HK1ターボ型エンジン
2.燃料フィルター上部のハンドポンプを上下させ、プラグ部から燃料があふれ出てくるまでハンドポンプを動かします。
3.プラグを十分に締め付け、プラグ部周辺に付着した燃料をきれいに拭き取ります。
4.さらにハンドポンプを10~20回上下させ、燃料系のエアーを燃料噴射ポンプへ送ります。配管内に燃料が充てんされるとハンドポンプは重くなります。
5.スターターを回し、エンジンを始動させます。
6.約10秒以内で始動しない場合は、4、5の操作を繰り返します。

4HL1/4HJ1型エンジン

エンジン始動前4HL1/4HJ1型エンジン
1.燃料フィルターの下部(エアー抜きプラグ下部)に燃料受け皿を準備します。
2.プラグを十分にゆるめ、プラグ部から燃料があふれ出てくるまで燃料フィルター上部のハンドポンプを20回以上押します。
3.プラグを締めて、再度ハンドポンプが重くなるまで10回以上押した後、1分程度待ってからプラグをゆるめて燃料フィルター内のエアーを抜きます。(この作業をプラグ部からエアーが出てこなくなるまで最低3回実施してください)
4.プラグを十分に締め付け、周辺の燃料を拭き取り、さらにハンドポンプが重くなるまで(10~15回)押してエンジンに燃料を送り込みます。

エンジン始動後4HL1/4HJ1型エンジン
1.アクセルペダルは踏まずにスターターを回し、エンジンを始動させます。
2.始動後、アイドリング回転を5秒間保持します。
3.アイドリングコントロールノブをゆっくり右に、いっぱいまで回し、3分間保持します。
4.アクセルペダルをいっぱいに踏み込み、最高回転まで吹き上げます。(この操作を数回繰り返してください)
5.アイドリングコントロールノブを左に回し、アイドリング回転に戻します。

いすゞ自動車:引用

★UDトラックス★

UDトラックスは、ガス欠時の対処法は記載されていません。
OEMを受けている製品も多く、「コンドル」などは、日野自動車からのOEMを受けているため、対処法は同じです。

わからない場合のカスタマーセンター

◆高速道路では直ぐにレッカー車

高速道路上では、危険ですので、安全な路肩に停車後、ただちにレッカー車の手配をしましょう。

JAF:https://jaf.or.jp/common/call-road-service/call-jaf

全国共通

電話番号:0570-00-8139

短縮ダイヤル:#8139

任意保険のロードサービスを活用もできる

※お手持ちの任意保険書をご確認下さい。

1:【ソニー損害保険https://www.sonysonpo.co.jp/auto/rsv/arsv000.html

365日 24時間対応 通話料無料 0120-101-789

2:セゾン自動車https://www.ins-saison.co.jp/otona/compensate/other/road_assist.html

365日 24時間対応 通話料無料 0120-00-2446

3:東京海上日動火災保険https://www.tokiomarine-nichido.co.jp/sp/app/contact.html

365日 24時間対応 通話料無料 0120-119-110

4:アクサ損害保険https://www.axa-direct.co.jp/auto/services/claims/accident_assistance/trouble_flow.html

365日 24時間対応 通話料無料 0120-699-644

5:チューリッヒ保険https://www.zurich.co.jp/car/service/emergency/

365日 24時間対応 通話料無料 0120-860-001

6:イーデザイン損害保険https://www.edsp.co.jp/contact/

365日 24時間対応 通話料無料 0120-049-095

7:損保ジャパンhttps://www.sompo-japan.co.jp/kinsurance/automobile/thekuruma/sche/road/

365日 24時間対応 通話料無料 0120-365-110

8:AIG損害保険https://www.aig.co.jp/sonpo/service/contact

365日 24時間対応 通話料無料 0120-416-652

9:三井住友海上火災保険https://www.ms-ins.com/personal/car/gk/support.html

365日 24時間対応 通話料無料 0120-096-991

10:日新火災海上保険https://www.nisshinfire.co.jp/trouble/support.html

365日 24時間対応 通話料無料 0120-097-365

11:SBI損害保険https://www.sbisonpo.co.jp/car/contact/tel.html

365日 24時間対応 0800-2222-581

12:三井ダイレクト損害保険https://www.mitsui-direct.co.jp/car/compensation/roadservice/

365日 24時間対応 通話料無料 0120-638-312

13:あいおいニッセイ同和損害保険https://www.aioinissaydowa.co.jp/contact/accident/

365日 24時間対応 通話料無料 0120-024-024

罰金が課せられる事もある

道路交通法第75条の10

自動車の運転者は、高速自動車国道等において自動車を運転しようとするときは、あらかじめ、燃料、冷却水若しくは原動機のオイルの量又は貨物の積載の状態を点検し、必要がある場合においては、高速自動車国道等において燃料、冷却水若しくは原動機のオイルの量の不足のため当該自動車を運転することができなくなること又は積載している物を転落させ、若しくは飛散させることを防止するための措置を講じなければならない。

 

この要約すると、自動車が高速道路や自動車専用道路へ侵入する場合には、ものを落としたり整備不良などが起こったりしないように、点検や対策を充分にしなければいけないということです。
高速道路上でガス欠で停車する場合は、このルールに違反することとなり、原則として違反点数2点と9,000円の罰金が科せられることになります。

◆復旧後に不具合がでたら

弊社にお任せ下さい。

各パーツ専門スタッフが無料にてご相談お受け付け致します。

詳しくはコチラまで

お問い合わせ、ご依頼はコチラから!

必須お名前
必須ご返信方法
必須メールアドレス
必須お電話番号
備考欄
画像を選択

 内容に問題が無ければチェックを入れてください

インジェクター 知恵袋
injectionをフォローする
インジェクタードットコム
タイトルとURLをコピーしました