header

【6R10】スーパーグレートMCM制御ランプ点灯時の対応法

インジェクター

【6R10】スーパーグレートMCM制御ランプ点灯時の対応法

「MCM制御がメーター部分のセンターパネルに表示されたけど大丈夫なの?」

「MCM制御とは?」「直ぐに修理に出したほうがいいのか?」

分からないですよね。
当記事はMCM制御が点灯した時の対処法を3分以内で解説いたします。

◆MCMとは?【解説】◆

MCM制御とは、各箇所にセンサー類が取り付けられていて、そのセンサーエラー値を拾ってしまうと、エラーコードとして表示されます。

簡単に説明すると、「エンジンチェックランプ」です。

★MCM制御ランプ点灯の原因はコレだ★

燃料系統のエラーを拾ってしまう事がほとんどで、その90%近い確率で「インジェクター」が原因の場合が多いです。

6R10エンジンはインジェクターのリコールが過去三回発生しており、災厄の場合はエンジン部分から出火する事例も確認されています。
このリコールについては、一度ご確認をお願いいたします。

詳しくはコチラをご覧ください。

◆MCM制御ランプ緊急解消法!!◆

MCM制御ランプが点灯した場合は、音と共にメーターパネルに表示されたと思います。

ほとんどの原因「インジェクター」が関係していると説明しましたが、走行中に点灯した場合、「白煙・黒煙・エンジンが吹かない」コレらの不具合症状がなければ直ぐには問題ありません。

近くのコンビニやパーキングエリアに停車して以下の手順をしてください。

★【5分~10分】エンジンをストップする★

多数の場合、点灯時はちょっとしたセンサーエラーを感知して点灯する場合が多いです。
エンジン停止後、エンジンキーを抜き「5分~10分」放置するだけです。
この方法で、一時的ではありますが、ランプが消える事があります。

 

しかし、この方法では一時的な手法にしかならないので、きちんと整備診断を行う必要が

ディーラーや整備工場などに入港しコンピューター診断を行う必要があります。

◆チェッカーで原因を突き止める◆

MCM制御ランプが一時的に消灯しても、また点灯する可能性があります。

早期にお近くのディーラーか整備工場にご相談をされる事をオススメいたします。
その際に、診断で使用されるのが三菱ふそうダイヤルなどの診断機を車体に繋ぎ診断します。

★【MUT】三菱ふそうダイヤル★

三菱ふそう専用の診断機で、ここにエラーコードなどが表示され、どこのセンサーからのエラーなのかが分かるようになります。

【機能】

故障診断/フォルトコード/SWS&CAN通信サポート/ドライブレコーダー/ECUリプログラム/電圧/回転診断/圧測定

◆診断後にインジェクター交換と言われたら◆

「診断後にインジェクター交換」「見積もり金額50万over!!」
慌てる必要はありません。

まず、弊社にご連絡ください。

6R10エンジンの場合、【インジェクター品番MX001944】1本が純正価格¥99,800円(税別)
かなり高価なインジェクターが6本搭載されている車種です。

ご安心ください。

弊社なら、【インジェクター品番MX001944】1本価格¥36,000円(税別)
なんと、半額以下でご提供いたします。

★その他分からないご相談も無料で!!★

どんなお困り事もディーゼル車の専門スタッフが無料でお受け付けいたします。お気軽にご相談ください。

◆まとめ◆

1:MCM制御ランプ点灯して車輌に異常がなければ、慌てなくても大丈夫

2:ランプは一時的に消す事が出来る【エンジン停止5分~10分】

3:消えても、ディーラーや整備工場に相談して診断機を使用してもらう。

4:異常箇所は大体「インジェクター」が90%近い

5:弊社なら、ご不安やご相談を専門スタッフがいつでもサポート致します。

お問い合わせ、ご依頼はコチラから!

必須お名前
必須ご返信方法
必須メールアドレス
必須お電話番号
備考欄
画像を選択

 内容に問題が無ければチェックを入れてください

インジェクター 知恵袋
injectionをフォローする
インジェクタードットコム
タイトルとURLをコピーしました